テストステロンの驚くべき効果と増やし方

テストステロンとは主に睾丸で作られる男性ホルモンの一種で男性を男性らしくさせてくれるとても大切なホルモンです。

勃起力、精子の生成、性欲に関わるためテストステロンを向上させることで遅漏の改善を助けてくれる側面もあります。

ところがテストステロンの役割は精力だけにとどまりません。身体はおろか精神的な側面にも強く影響し、活力あふれる日常を作り出してくれるホルモンであることがわかっています。

個人的にはこのテストステロンが不足して精力が減退すると、遅漏の原因にもなると考えており、テストステロンを増やすことは遅漏の改善と無関係ではないと思っています。

身体的影響

上述した通り勃起力や精子の生成等の性機能に大きく影響を及ぼしますが、実は筋肉の生成にも一役買っています。

男性が女性よりも筋肉質なのはこのテストステロンが大きく関わっていたんですね。例えば筋肉増強剤で有名なステロイドとテストステロンは非常に性質が似ており、女性がステロイドを服用すると体毛が濃くなるなどの身体の男性化を発現することがあります。

つまり男性ホルモンが多ければ多いほど筋肉がつきやすくなり、その分脂肪がつきにくくなるというメリットをもたらしてくれるのです。

精神的影響

テストステロンは精神的にも大きな影響を及ぼします。女性に比べ男性の方が攻撃的で、勝負事が好きで、闘争心が強いのはテストステロンによる影響なんです。

そのためスポーツ選手はもちろん、ライバル社としのぎを削る経営者もテストステロンの数値が一般男性に比べて高いことがわかっています。

つまりテストステロンが増えると競争心が強くなり、仕事などもモチベーションがアップする効果があるのです。

その分テストステロンが減りすぎると男性更年期障害と言ってうつ傾向が強くなるので注意が必要です。

テストステロンの増やし方

たくさんのメリットをもたらすテストステロンですが、食生活や生活習慣によって増やすことができます。ポイントは以下の4つ。

  1. 栄養バランスのいい食事
  2. 亜鉛を意識的にとる
  3. 運動を習慣づける
  4. 質のいい睡眠

栄養バランスと質のいい睡眠はテストステロンの増加に限ったことではなく常に推奨されるべきですが、意識したいのは亜鉛の摂取と運動の習慣です。

運動は自宅でできる筋トレなどでもいいので、毎日少しずつでも続けることが大切。ムキムキの人が精力も強そうに見えるのは決して単なるイメージではなく、筋トレをしてテストステロンの分泌量が増えているのです。

まとめ

テストステロンは精力や肉体面を強化してくれる上、精神的にもやる気にみなぎらせてくれるまさに活力のホルモンとも言えるでしょう。

若いころの精力、体力、やる気というのは若さ以外にも男性ホルモンの多さが関係しているのかもしれませんね。

テストステロンは運動を習慣づけることで増やすことができますので、皆さんも是非取り組んでみてはいかがでしょうか。