オナ禁にはデメリットもあるので注意

遅漏の原因はオナニーによって陰茎が鈍感になってしまっていることが多いため、オナニーの回数を減らしたり方法を変えることを当サイトではおすすめしています。
オナ禁をすると精子が溜まって性欲、勃起力、感度が増すため射精までにかかる時間を短くすることができるのです。連日の射精より久しぶりの射精の方が気持ちいいのは男性ならご存知かと思います。
そのためセックス前にはオナ禁をするということをお勧めしているのですが、実は妊娠を望む場合は10日以上のオナ禁はデメリットもあります。

精子の運動率

オナ禁の副作用的な部分となりますが、10日以上射精しないでいると精子の運動率が下がるという調査結果が出ているのです。
精子は3日で満タンになりそれ以降は古い精子は体内で吸収されて、新しい精子が作られ続けることで新鮮度を保ち運動率をキープしますが、10日を超えると精子の生産力がダウンするのです。
妊娠率は精子の量と運動率に大きく影響を受けますから、妊娠を望むカップルは精子の新鮮度である運動率も非常に大切な要素になってきます。
筋肉などが非常にわかりやすい例ですが、人間は使わない器官を退化させ使う器官を進化させますから当たり前といえばあたりまえですね。
なので妊娠を望む場合は3日以上10日以内のオナ禁で射精できるようなるのが理想ですね。