包茎手術で遅漏になってしまう理由

男性の悩みの代表例はED、早漏、包茎の3つではないでしょうか。その中でも包茎見た目ですぐにわかるため、コンプレックスに感じる方は多いようですね。
包茎には「真性包茎」「カントン包茎」「仮性包茎」の3種類があり、日本人の約7割は仮性包茎と言われていますから包茎とは普通のことであるとも言えますね。
包茎を改善するためには手術以外の手段はありませんが、ここで一点注意が必要です。手術をすると陰茎の感度が落ちて遅漏になる可能性があるのです。

亀頭直下埋没法

包茎手術で最も一般的なのが「亀頭直下埋没法」と言って、亀頭に被っている皮の部分を切除して亀頭のカリ首下の部分で縫い合わせて傷を目立たなくする方法があります。
ただこの皮の切除と言うのが問題で、陰茎の皮は男性の大切な性感帯の一部なのです。その性感帯の一部を失うことになりますから、感度が落ちて遅漏になる可能性があるのです。
さらに亀頭が常に露出した状態になると亀頭が硬化して感度が落ちます。見た目でもわかりますが包茎の人の亀頭はピンクがかっていますが、そうでない人は陰茎の皮と同じような色になります。
このように亀頭の露出に関しては亀頭直下埋没法に限ったことではなりませんが、包茎手術にはこのようなリスクがあるということは知っておいた方がいいでしょう。
真性包茎とカントン包茎はそれ自体が遅漏の原因となることもあり手術を検討してもいいかと思いますが、仮性包茎の場合は遅漏に影響はありませんので手術には慎重になった方がいいかもしれません。