遅漏にバイアグラや媚薬、その他薬は効くのか?病院や医者に相談すべきか?

薬の類はほぼ効かない

結論から言うと遅漏を治す薬は現状存在しません。仮に射精できない原因が勃起不全であれば、バイアグラ等のED治療薬で改善が見込めますが、遅漏を治すというよりはあくまでEDに対処するという意味合いになるかと思います。

媚薬は基本的に存在しない

媚薬と聞くと女性の性的興奮が高まったり、性的快感が高まって妖艶に乱れる。そんなイメージがありますよね。しかし残念ながらそれらはAVの演出にすぎません。

ネット上には男性用に媚薬も存在しますが、それも同じく快感や興奮を高めてくれるような効果はないのです。仮に存在したとしたら、違法薬物になります。

というのも興奮や快感等を増すとしたら、神経系の物質をコントロールすることになりますが、これら神経物質に作用する薬物は非常に危険で、代表例は覚せい剤です。

ネットで媚薬を名乗る物体の正体

まずネット上で手軽に手に入れられる媚薬の主成分は「カフェイン」です。カフェインには軽度の覚せい作用があり、眠気を覚ます効果があるのは皆さんもご存知かと思います。

また血管を僅かならがら拡張させ、血行を良くする効果もあります。軽度の覚せい作用を持つため、軽度の依存性もあることもすでのご存知でしょう。

どちらも軽度であるため規制対象にはなっておらず、普通に販売されている媚薬に含まれていることが多いのです。つまりネット上に溢れている媚薬は単なるカフェインなんですね。

しかしながら、もっと強い覚醒効果を発揮する媚薬が存在します。それが覚醒剤や麻薬の成分を使っているものです。例えば合成麻薬MDMAなどは通称エクスタシーとも呼ばれ、媚薬のような扱われ方をしていました。実際に死亡事故なども発生しており芸能人が逮捕されています。絶対に手を出すべきではありません。すでに媚薬の域を超えていて、単なる違法薬物です。

バイアグラ等のED治療薬と遅漏の関係

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの薬やED治療薬と呼ばれ、当然合法であり医師から処方を受けることができます。効果を一言で表すと「勃起しやすいように補助する」というもの。重要なのは性欲や興奮度を高めたり、快感を高めるような効果は全く持ってないということです。

ED治療薬の作用機序

勃起は陰茎にある海綿体というスポンジのような組織に血が流れ込むことで膨張し硬くなる現象ですが、ED治療薬はこの血流を促進する効果。すなわち血流促進の薬です。

もう少し詳しく書くとまず、勃起するためには血管を弛緩させる【環状グアノシン-リン酸】という物質が必要になります。ところが【環状グアノシン-リン酸】はPDE-5という酵素によって分解されてしまいます。

そこでED治療薬の出番となり、例えばバイアグラはPDE-5の働きを妨害する効果があり、結果として【環状グアノシン-リン酸】が活動できるようになり、勃起を手助けする薬として成り立っているわけです。よってバイアグラによって性的興奮が増すようなことはありません。

薬の替わりに精力剤を

媚薬にもし性的興奮や快感の向上を求めていたのであれば、私は薬ではなく精力剤をお勧めします。精力剤とっても健康食品の1種で、セックスの前に飲んだら効果が出るというような危険でインチキなものではありません。

いわゆるビタミンやミネラルのサプリと同じで、精力に良いとされる栄養素を詰め込んだ健康食品という位置づけです。当然栄養素は薬物などではなく、食品などからも普通に摂取できるものです。

1か月程度飲み続けることによって、精子の生産量を増やしたり、男性ホルモンのバランスを整えるというものです。もちろん怪しいものや見るからに危険そうな輸入物もあるので注意が必要ですが、しっかり選べばそれなりの効果が得られます。

管理人は実際サプリによって遅漏を改善させているので、以下の記事を参考にしていただければと思います。

実際に効果があったセックスでイケない遅漏を永久に改善する3つの方法!

遅漏は病院で治せるのか?

まず管理人は遅漏でしたが病院には行っていません。その上で病院で治療できるものでもないと思っています。理由は上述の通り薬が存在せず、包茎がネックとなっていない限りは外科治療の必要もない。つまり治療方法がないからです。

ただパートナーに言われたりして、とりあえずいかなければいけないという状況なら、EDの治療を扱う泌尿器科などに相談してみるといいでしょう。治療法が存在しないので期待薄ですが、アドバイスくらいはもらえるかもしれません。

ただ遅漏の原因がEDや真性包茎等も考えられる場合は、病院に行くのは効果的です。例えば射精する前に10分程度で勃起が萎えてしまうケースや、包皮が痛くて快感に集中できないケースです。

ただ仮性包茎の場合は包茎手術をしても変わらなかったり、むしろ皮を切除することで快感を得づらくなるケースもあるらしいのでご注意を。

 -->