男がするイッた振り

慢性的に遅漏の人に限らず、疲れていたりお酒が入っていたりすると必ずしも毎回イケるわけではないのです。
でもセックスって大体男性が果てて終わりを迎えることがほとんどです。つまり男性がイカない基本的にはセックスが終わりません。
またイケないというのは男性は少し情けなく感じますし、女性を不安にさせる可能性もあるので、セックスを終わらせるためにも女性を安心させるためにも男性がイッた振りをすることは十分あります

イッた振りのやり方

基本的にコンドームをしている場合のセックスでないとイッた振りは難しいかもしれません。
男性は女性とは違って精子というイッた証拠というのがあります。これを女性に見られず隠滅する必要があります。
まずいつも通りの体位などで、イッた振りをします。挿入中も陰茎のピクンピクンという脈打つ動きは女性にもわかりますから、ここもしっかり再現します。そして抜くと同時にパートナーに見られないようにゴムを外し、ティッシュと一緒にゴミ箱へポイすれば証拠隠滅完了です。
わざわざゴミ箱から捨てたコンドームを拾う女性はいないでしょう。重要なのはどちらかというとイッた時の演技のリアルさです。
ただ妊娠希望で生でセックスをしている場合にイッたフリをするのはかなり難しいです。もしイッたフリがパートナーに気付かれたらそれこそ不信感を抱かれる可能性があります。
ちなみにアメリカの「AskMen.com」というサイトの調査によると、約34%の男性がイッたフリをしたことがあると答えたそうです。女性もイッたフリをするように、男性も必要なウソをつくときがあるということですね。
ただイッたフリばかりしていると、それが癖になってしまって遅漏を悪化させかねません。なのでもしイッたふりが多いようであれば、遅漏の原因を学び改善実施していつでもイケるようになりましょう。

精力の減退が遅漏をもたらす