遅漏にはマカ

精力増強といえば「マカ」というイメージがあるくらいにマカの効果は有名ですが、EDだけではなく遅漏にも大きな効果を発揮します。
まずマカの何が精力増強と関係しているかを簡単に説明していきます。

マカに含まれるアルギニンが精力増強の源

マカには「アルギニン」と呼ばれる一種のアミノ酸が含まれており、これが精力増強に一役買っています。どのような成分かというと、子供が成長する際の必須アミノ酸と言われ、成人であれば健康維持のために使われるアミノ酸で、その働きは多岐に及びます。

  • 精子量の増加
  • 血流の促進
  • 血圧改善
  • 骨密度を上昇
  • 血管の老化防止

マカと言われるとどうしても精力増強のイメージがありますが、アルギニン自体はこのように色々な効果が期待できます。
例えば血管の老化防止や骨密度の上昇などが期待できるため、アンチエイジングとしても実は有名な成分で、老若男女問わず摂取されるべき成分なのです。
今回は精力に焦点を当てるので、精子量の増加はわかりやすく精力増強ですが、血流の促進はED(勃起不全)などにも関係しています。これが高じて不妊治療などにも使われることがあります。

精子量の増加という部分が非常に重要

遅漏改善に関して言うと、アルギニンの効果である精子量の増加というのが深く関係しています。
皆さんも経験があるかと思いますが、長らく射精せずにオナニーやセックスをすると、射精までの時間が短くなったり快感が増大したりします。逆に射精したばかりだと、快感が減り、射精までの時間が長くなります。
要は精子が溜まっていれば溜まっているほど、快感は増大し射精しやすくなるわけです。なのでアルギニンによって精子量を増やすことができれば、遅漏改善に直接的に効果を発揮することになります。

万能ミネラル亜鉛

もう一つ、マカにはこちらも精力増強で有名な「亜鉛」が含まれています。亜鉛は必須ミネラルの一つで、意識しなければあまり摂取できないのが特徴。アメリカではセックスミネラルとも言われています。
アルギニンは精力増強やアンチエイジングに効果的でしたが、亜鉛に関しては不足すると生殖機能が低下するため、摂取しなければならないという考え方に近いでしょう。亜鉛が不足すると以下のようなことが起こります。

  • 精子量の減少
  • 貧血
  • 味覚障害
  • 皮膚炎
  • 免疫の低下

亜鉛はEDに効くというようなことが言われたりしますが、どちらかと言えば、亜鉛が不足していたからED気味になったという解釈の方が正しいかもしれません。貧血なんかはEDに直接関係します。

精子量の減少を防ぐ

アルギニンの説明の通り、精子量が少なければ快感は減り、射精までの時間が長くなります。この結果として遅漏を招いてしまうのです。
なので亜鉛を摂取し、精子量の減少を食い止めることができれば、遅漏改善に大いに役立たせることができます。

マカは遅漏改善に役立つ

このようにマカは漠然と精力増強に効果があると考えられていますが、実際にはマカに含まれている「アルギニン」と「亜鉛」が直接的に、精力増強に効果を発揮しています。
一つ注意していただきたいのは、亜鉛に関しては取りすぎると体に毒になる可能性があります。マカのサプリなどは探してみるとわかりますが、かなり怪しい製品が出回っており、慎重に選んだ方が良いでしょう。