遅漏でもイキやすい体位

射精向けの体位

射精するときの体位として一般的なのは正常位ですが、それが上手くいかないからこのサイト見ているという方が大半かと思います。そんな方のために遅漏でもイキやすい体位というのがいくつかありますので紹介させていただきます。
まずオナニーではイケるのにセックスではイケない理由の一つとして、イクときの体勢が違うことが挙げられます。特に違うのは足ピン、つまり足を延ばして突っ張れるかどうかということ。
普段足ピンオナニーをしていない人でも、足ピンできる体位だと快感を得やすくなりますので一度お試しあれ。

足ピンができてイキやすい体位

揚羽本手(あげはほんて)
洞入り本手(ほらいりほんて)
笹舟本手(ささぶねほんて)
筏崩し(いかだくずし)

 

全て四十八手の名前を引用しているためわかりずらくて申し訳ありません。画像の用意が難しかったので、お手数ですが検索してお調べください。。。
さてまず「本手」とつくものは正常位の一種ですが、腰も動かしやすく足ピンもできるため非常にお勧めです。そんなに大きく変わった体位でもないため、女性としてもそこまで抵抗なくできるものが多いです。
個人的には女性の負担が少なく、腰も非常に動かしやすいため「筏崩し(いかだくずし)」が特におすすめです。
ただ体位によっては女性の足を窮屈に曲げなければいけないものもあるため、体の固い方なんかはかなり苦しい体制になるかもしれないので注意してください。

本茶臼(ほんちゃうす)

 

また茶臼というのは騎上位のことですが、これも男性は足ピンができる上に、一般的な体位であるためお勧めです。
この際女性に腰を動かしてもらうのもいいですが、男性側が動いた方が実際には射精をしやすいため、女性には少しだけ腰を浮かせた状態にしてもらうと動きやすいですね。

敷き小股(しきこまた)

 

お互いに足を延ばしたバック、いわゆる寝バックですね。基本形は女性の足が内側で、男性の足が外側になりますが、男性の足を内側に入れたほうが射精しやすいです。
この体位に関しては女性もイキやすいと言われていますが、慣れていないと少し挿入が難しい体位です。挿入が難しい場合は、まず普通のバックで挿入し、ベッドに潰れるようにして覆いかぶさると自然に敷き小股(しきこまた)の体位になります。

うしろやぐら(仏壇返し)

 

うしろやぐらはいわゆる「立ちバック」ですね。普通にベッドでセックスする場合はまずやらない体位ですが、パートナーをベッドやソファーにのせて四つん這いに後ろを向いてもらい、男性側が床立って挿入すれば、疑似の立ちバックができます。

遅漏克服のキホンをおさえる

足ピンしやすく、遅漏でもイキやすい体位として紹介させていただきましたが、これでは根本的な解決になりませせん。
大切なのは精力をつけて、なるべくオナニーを控えるまたはオナニーの方法を変えることです。遅漏を本気で改善したいのであれば、この2つの基本をおさえましょう。