セックスを変える

前戯では相手に気持ちよくなってもらう

人のカラダはよくできていて、女性が感じれば感じるほど膣の締め付けが強くなり、男性も強い快感を得ることができます。つまり女性が感じれば感じるほど、男性も感じることができるというわけです。
ところが遅漏で悩む男性は、とにかくイカなければとか、自分がどうすれば感じれるようなるかと、どうしても自分本位になりがちです。そうなると女性は快感を得れず、膣の締め付けも悪くなり、男性側も感じることができなくなってしまうという悪循環に陥りがちです。

なので自分の射精のためにも、しっかりと前戯をして女性を気持ちよくさせてあげましょう。このとき重要なのは「どこが気持ちいいか」「どうすればもっと感じるか」を女性に思い切って聞いてしまうことです。
女性によっては恥ずかしがって答えにくそうにするかもしれませんが、「君に感じてもらいたいから」とあくまで前向きに説明し聞き出しましょう。これはのちに自分がオーラルセックスされるときに、要望を出せるようになるためにも必須です。

フェラや手コキには要望を

女性を感じさせることができたら、今度はフェラや手コキをしてもらいましょう。そんなのやってもらったことないという方もいるかもしれませんが、前戯で「君に感じてもらいたいから」と言っているので、少しこちらがわがままを言っても受け入れてくれるでしょう。
ただそのやり方は様々で、力が入りすぎて痛かったり、一生懸命やってもらっているのにあまり気持ちよくないということも多々あります。その場合も先ほどの前戯で「どこが気持ちいいか」等をこちらから聞いているので、ここでは自分はここをこうされると気持ちいいとリクエストをしましょう。
そうでないとお互いに何のメリットもありません。女性はただ疲れるだけですし、痛いようであれば男性も勃起が弱くなってしまいます。

挿入中は自分に集中する

うってかわって挿入時はとにかくセックスと自分に集中します。できれば挿入前にもう一度女性を愛撫して、感じてもらってからの方が締まりが良くなり、男性も快感を得られると思います。

体位に特に決まりはありません。自分が感じやすく動きやすい体位がいいと思いますが、正常位が無難かと思います。
話は変わりますがAV男優の方は早漏の方が向いているといいます。理由は射精の指示が出たらすぐにイケるからです。でもAV男優って別に早漏のイメージはないですよね?
なぜコントロールできているのかといえば、射精の指示がでるまでは、「次の体位はどうする」とか「カメラに見えるように」等を考えていて快感に集中してないからです。射精の指示が出たら、自分の快感に集中し、一瞬で射精まで持っていくことができます。なので早漏の方が向いているといわれています。
何が言いたかったかというと、大切なのは集中力です。とにかく快感・セックスに集中することです。この時「相手は感じているかなぁ」とか「今日もいけなかったらどうしよう」とか「早くイカなきゃ」等、今の快感とセックス以外のことは考えてはいけません。
オナニーをして気持ちよくなっているときに快感以外のことを考えたりしませんよね。何の気も使わないからこそ自分の快感に集中でき射精をすることができるのです。なので挿入中は自分の快感に集中しましょう。それこそ自分の声が出てしまうくらいに集中すべきです。
それでは女性に失礼ではないかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、射精できないことの方が女性を傷つけます。遅漏はお互いのためにも改善していきましょう。