妻だけ遅漏

特定のパートナーだと上手くいかない

妻だけEDというのは読んで字のごとくで、他の女性であれば普通に勃起できるが妻だとEDになってしまうという症状です。ポイントなのは別の女性だと大丈夫と言う点で、オナニーであれば大丈夫というのは含まれません。

 

EDには身体的原因と精神的原因の2つに分かれますが、妻だけEDは明らかに精神的な原因に分類されます。そしてこれは遅漏でも十分にあり得ることなのです。

 

遅漏の主な原因はオナニーの多さや強さによって身体的に感覚が鈍くなることですが、精神的なことが原因になることももちろんあります。

 

日ごろからパートナーとのコミュニケーションが上手くいっておらずセックスの快感に集中しきれなかったり、「またイケなかったら傷つけてしまうかも」というような不安が原因となることもあるのです。

風俗店に行ってみる

もし精神的要因によって遅漏になっている可能性があるとしたら、試しに風俗店などに行ってみるのもいいかもしれません。もし違う女性であれば普通に射精できるとなればいわゆる妻だけ遅漏のような症状です。

 

ですが相手が別であれ女性相手に射精できるという自信をつけることが大切なのです。この自信が次パートナーとセックスをする際に気持ちをリラックスさせて、今まで以上に快感に集中することができるようになります。

 

ただ決してパートナーの女性に「風俗店ではイケたけど君だとイケない」などと言ってはいけません。もしそうだったとしても心の隅にしまっておきましょう。

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位