フェラ 手コキ イケない

プロでも難しい?

パートナーのフェラや手コキでイケないからと言って自分は遅漏気味と考えるのは尚早です。またその反対に女性がパートナーをフェラや手コキでイカせられないとしても自分のテクニックが悪いのではないかとか、パートナーは遅漏ではないかと疑うのも尚早です。

 

というのもフェラや手コキのテクニックは非常に難しく、プロですらイカせられずに終わることもしばしばある程です。特にフェラでイカせるというのはほぼ無理と言っても過言ではありません。

 

基本的に陰茎は締め付けられながらの摩擦というのが一番快感が得られやすいのですが、フェラでは唇で締め付けるのが精いっぱいで手や膣に比べてはるかに刺激は弱いものとなります。

 

もちろん弱い刺激も快感ではありますが、射精に導くような快感とは別種のものなのです。

手コキも力加減が難しい

一般的な男性のオナニーはいわゆる手コキなわけですが、これを他人がやろうとするとかなり難易度が上がります。一番難しいのは力加減です。

 

亀頭を強く握ると痛みが走りますし、皮を下にまで引っ張りすぎるとこちらもまた痛みが走ります。自分でやる分にはいくらでも調整できるのですが、他人がやろうとすると非常に難しいのです。

 

もし手コキでの射精をしたい、もしくはパートナーを手コキで射精させてあげたいと思うのであれば、かなり詳細に要望を伝えたり引き出す必要があります。

 

こればっかりは好みもかなりあるためコミュニケーションを密にとるとしか言いようがありません。なのでフェラや手コキで射精できないというのは案外普通のことなのです。

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位