オナ禁のデメリット

オナ禁の効果

遅漏の原因はオナニーによって陰茎が鈍感になってしまっていることが多いため、オナニーの回数を減らしたり方法を変えることを当サイトではおすすめしています。

 

オナ禁をすると精子が溜まって性欲、勃起力、感度が増すため射精までにかかる時間を短くすることができるのです。連日の射精より久しぶりの射精の方が気持ちいいのは男性ならご存知かと思います。

 

そのためセックス前にはオナ禁をするということをお勧めしているのですが、実は妊娠を望む場合は10日以上のオナ禁はデメリットもあります。

精子の運動率

オナ禁の副作用的な部分となりますが、10日以上射精しないでいると精子の運動率が下がるという調査結果が出ているのです。

 

精子は3日で満タンになりそれ以降は古い精子は体内で吸収されて、新しい精子が作られ続けることで新鮮度を保ち運動率をキープしますが、10日を超えると精子の生産力がダウンするのです。

 

妊娠率は精子の量と運動率に大きく影響を受けますから、妊娠を望むカップルは精子の新鮮度である運動率も非常に大切な要素になってきます。

 

筋肉などが非常にわかりやすい例ですが、人間は使わない器官を退化させ使う器官を進化させますから当たり前といえばあたりまえですね。

 

なので妊娠を望む場合は3日以上10日以内のオナ禁で射精できるようなるのが理想ですね。

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位