遅漏とセックスレス

遅漏はセックスレスにつながる

遅漏は男性自身にも女性にも負担となってしまいます。自分ちが遅漏であることでセックスに自信がなくなってしまうケースもありますが、それよりも女性にセックスを遠回しに拒まれるケースの方が多いようですね。

 

遅漏だからと言って性欲がないわけではないので、女性にセックスを拒まれるのは虚しいものがあります。ただそこでセックスを拒む女性を責めるのはあまりに酷です。

 

知恵袋で見ればわかりますが膣から出血するまで続けられて、できればもうセックスしたくないという女性もいるわけですから、責めるべきは男性の遅漏であるべきでしょう。

 

セックスを諦めない

もう子供もいるし、遅漏を治してまでセックスする必要はないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、セックスレスを軽視してはいけません。

 

男性の場合は性欲をオナニーによってある程度満たすことができますが、女性の場合はそうはいかないのです。事実セックスレスで悩むのはほとんどの場合男性ではなく女性の方なのです。

 

よく浮気が発覚して離婚したという話がありますが、その背景には必ずと言っていいほどセックスレスの問題があるのです。円満な夫婦生活のためにはセックスは必要だと考えましょう。

 

もちろんセックスとは挿入して射精することだけを指すのではありません。例え挿入をしなくとも、オーラルセックスなどでお互いを満たすことはできます。

 

しかしやはり自分で射精してくれないという不満は女性側に残るのも事実。セックスレスにならないためにも、遅漏をしっかりと改善・克服しましょう。

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位