遅漏と媚薬

媚薬の98%はウソ。2%は違法。

媚薬と聞くと女性の性的興奮が高まったり、性的快感が高まって妖艶に乱れる。そんなイメージがありますよね。しかし残念ながらそれらはAVの演出にすぎません。

 

ネット上には男性用に媚薬も存在しますが、それも同じく快感や興奮を高めてくれるような効果はないのです。

 

といっても全てが何の効果もないということではなく、数%はそのような効果のあるy薬物です。

 

しかしながら快感や興奮を高めるということは、ドーパミンやエンドルフィンなどのホルモンを意図的に分泌する危険な薬物であり、覚せい剤や麻薬の一種です。

 

媚薬の成分とは

まずネット上で手軽に手に入れられる媚薬の主成分は「カフェイン」です。カフェインには軽度の覚せい作用があり、眠気を覚ます効果があるのは皆さんもご存知かと思います。

 

また血管を僅かならがら拡張させ、血行を良くする効果もあります。軽度の覚せい作用を持つため、軽度の依存性もあることもすでのご存知でしょう。

 

どちらも軽度であるため規制対象にはなっておらず、普通に販売されている媚薬に含まれていることが多いのです。つまりネット上に溢れている媚薬は単なるカフェインなんですね。

 

しかしながら、もっと強い覚醒効果を発揮する媚薬が存在します。それが覚醒剤や麻薬の成分を使っているものです。

 

例えば合成麻薬MDMAなどは通称エクスタシーとも呼ばれ、媚薬のような扱われ方をしていました。実際に死亡事故なども発生しており芸能人が逮捕されています。絶対に手を出すべきではありません。すでに媚薬の域を超えていて、単なる違法薬物です。

 

媚薬の替わりに精力剤を

媚薬にもし性的興奮や快感の向上を求めていたのであれば、私は精力剤をお勧めします。

 

精力剤とっても健康食品の1種で、セックスの前に飲んだら効果がでるというようなインチキなものではありません。

 

1か月程度飲み続けることによって、精子の生産量を増やしたり、男性ホルモンのバランスを整えるというものです。中身は薬物ではなく精力にアップに必要な栄養を凝縮して物で、飲み続ければ健康的になれます。

精子量を増やしてイキやすくする

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位