遅漏とAV

全ての人に性的嗜好は存在する

AVには様々なジャンルがありますが、特殊な性癖を満たすものも中には存在します。それだけニーズがあるということですが、これに慣れてしまうとこの状況でないと興奮しずらくなるという危険性があります。

 

人それぞれ好きな食べ物やおいしいと感じる食べ物が違うのと同じように、性的嗜好は人それぞれ存在すると私は考えています。

 

ただ問題なのは性に関しては人間という相手がいて成り立つものなので、自分の嗜好がすべて実現できるわけではないということです。

 

嗜好を追求しない

好きな食べ物があるのと同じように性的嗜好が存在すると私は考えていますが、嗜好は触れたときに初めて興味があることに気づき、満たせば満たすほど嗜好は先鋭化されます

 

これが悪いこととは言いませんが、あまりに追及して先鋭化してしまうと、嗜好が合わないパートナーとでは興奮できなくなってしまう可能性があるということです。

 

なのでAVを見るにしても、パートナーとのセックスからあまりにかけ離れたものばかり見るのはあまりよくありません。

 

ベストはパートナーをイメージしてのオナニー

遅漏改善においてオナニーをするときのネタは、やはりパートナーとのセックスのイメージです。最終的にはパートナーとのセックスでスムーズに射精することを目的としているので、当たり前といえば当たり前ですね。

 

AVを見るにしてもあまり特殊なものではなく、パートナーに見られたとしても驚かれないくらいの内容にとどめておいた方がいいかもしれません。

 

ちなみに遅漏を題材にしたAVがあり、何か参考になればと見たことがありますが出演している男性は明らかに遅漏ではありません。

 

⇒つぼみ式遅漏チ○ポ改善合宿

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位