精力の減退が遅漏の原因

精力には大きく分けて2種類ある

精力の減退は大きく分けて「性欲の低下」と「生殖機能の減退」の2つがあります。基本的には同時進行であることが多く、年齢やストレス、疲労などでこのような症状が現れます。

 

この2つは遅漏にも大きく関係しています。遅漏の方は体験したことがある方も多いと思いますが、挿入中に性的興奮が収まり快感が得られなくなるというのも性欲の低下である可能性があります。

性欲と快感

性欲が強ければ興奮度も高く快感を得やすくなったり快感に没頭することができ、射精しやすくなります。その逆に性欲が弱ければ、興奮度が低く冷静になってしまい、快感を得づらくなる結果射精は遠のきます

 

これが性欲と射精が密接に関係している理由です。

 

そもそも男性の性欲とは、睾丸で作られるテストステロンという男性ホルモンに大きく左右されます。このテストステロンは、男性的な身体を作るためにも必要なホルモンで、女性よりも男性の方が筋肉が発達しやすいのはこのテストステロンの量の違いとも言われています。

生殖機能と快感

生殖機能とは「精子量」と「勃起力」のことを指し、この2つの機能が衰えると遅漏を発症しやすくなります。

 

まず精子の量に関してはタプタプに溜まっていればいるほどセックス中の快感も増すほか性欲も増します。逆を考えればさらにわかりやすく、例えば射精直後は全く性欲がなくなり、陰茎に刺激があっても快感を感じません。

 

また勃起もパンパンに張り裂けそうなくらい硬いほうが快感を感じやすいのは体験として感じている方も多いでしょう。中途半端な勃起だと膣からの刺激を受けにくくなります。

 

つまり遅漏の原因は精子の生産力が少なくなっていたり、勃起力が低下していたり、性欲が衰えていることで起きるわけです。

 

オナニーが遅漏の原因という人が多いですが、オナニーを改善しただけでは遅漏が克服できない理由はここにあります。

 

管理人自身もまさにそうで、オナニーを改善しただけでは遅漏の症状は何もよくなりませんでした。

まとめ

精力の減退は、性欲を低下させ、精子量も減少し、性的な快感を得ることを妨げます。逆に精力をアップすることこそが、遅漏の改善につながります。

 

精力アップには亜鉛・アルギニン・シトルリンという栄養素が必須ですが、毎日食事から摂取するのは難しいため精力サプリを使うのが一番早くかつ効果的です。

 

いくつか管理人自身が使って本当におすすめできるものを以下のページで紹介しているので、興味のある方は参考にしていただければと思います。

 

>>遅漏に効果を感じたサプリ

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位