アルギニンの有用な効果

アスリートも取り入れるアルギニン

精力剤に必ずと言っていいほど使われるのが「マカ」や「クラチャイダム」ですが、この2つが使われる一番といってもいい理由はこの「アルギニン」が入っているからなんですね。

 

実は精力剤のほかにもプロテインなどにも含まれており、筋力の増強の助けにもなる万能のアミノ酸です。

 

遅漏にはマカでも少し書きましたが、今回は精力に絞らずアルギニンの効果をご紹介したいと思います。

アルギニンとは

アルギニンとは条件付必須アミノ酸のうちの1種です。

 

必須アミノ酸とは体内で作り出せないために、外部から摂取が必要なアミノ酸を指し、非必須アミノ酸とは体内で生成できるため、外部からの摂取が必須ではないことを言います。

 

では条件付き必須アミノ酸とは何かというと、赤ちゃんや子供の場合アルギニンを体内で作り出せないため、子供のころは必須アミノ酸だが、大人になると非必須アミノ酸になるからこのような呼ばれ方をすることがあります。

 

ただ大人はアルギニンを作り出せるとはいえ年齢とともにその生産量は減るため、外部からも取り入れることが望ましいと言われています。

 

気になるその効果

成長ホルモンの促進

アルギニンの注目されている一番の理由がこの成長ホルモンの促進です。成長ホルモンというと子供にとって大切なものと思いがちですが、大人にとっても非常に重要です。

 

では成長ホルモンがどのような働きをしているかというと、まず代表的なのは骨の形成ですね。これによって身長が伸びます。なので成長期に成長ホルモンが不足していると低身長症を発症しやすくなります。

 

二つ目は筋肉の生成です。これがプロテインにアルギニンが含まれている理由です。筋肉を作るためにはタンパク質が必要ですが、そのタンパク質の合成を助けるのが成長ホルモンの役割です。

 

三つめは代謝の促進です。実はこのアルギニンは一部のダイエットサプリにも含まれています。なぜなら脂肪燃焼効果があるからです。

 

成長ホルモンは、脂肪をエネルギーへと変換させる「リパーゼ」という酵素を活性化させ、間接的に脂肪をエネルギーとして消化させる働きがあるのです。

 

血流の促進

アルギニンは体内でNOと呼ばれる一酸化窒素を作ります。この一酸化窒素は血管を拡張し、血流をスムーズにする働きがあるため勃起にも深い関わりがあります。

 

また血管を拡張した結果として血圧も低下するため、動脈硬化や心筋梗塞の予防などにも期待されています。

 

精子量の増加

実は精液の約8割がアルギニンをもとに作られており、精液自体にもアルギニンが含まれているほど、アルギニンと精子は密接な関係にあります。

 

また精子の量を増やすだけでなく、精子を健全な状態に保つことにも寄与しており、妊娠を望む男性は特に摂取したい成分です。

 

この精子量の増加と、血流促進による勃起力の向上が、アルギニンが精力剤に使われる主要因ですね。

 

書ききれないくらいの効果がまだある

かなり色々とその効果を書きましたが、実はまだまだ有用な効果が存在します。というのも成長ホルモンを促進するメリットがあまりに多いために、ここでは書ききれないのです。

 

さらに成長ホルモンの増加は、「運動」「睡眠」「アルギニン等のアミノ酸摂取」以外に方法がないため、簡単に取り入れられるアルギニンが非常に貴重なのです。

 

その上遅漏が改善され精力がアップできるとなれば、どのメーカーもこぞってアルギニンを配合するわけですね。マカが精力剤に含まれているのにはこのような理由があったわけです。

 

私自身いくつか精力剤を試してみて遅漏改善に効果のあったものをランキングしてみたので、一度ご覧いただければと思います。

 

遅漏に効果のある精力剤


私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位