マンネリと遅漏は関係する?

遅漏なのはマンネリ気味だから?

「昔は違ったのに最近遅漏っぽくなってきた。もしかしたらセックスがマンネリ気味だしそのせいかな?」と感じる人もいるようですが、遅漏とマンネリは基本的には別の問題です。

 

マンネリにより興奮が減り、ED気味になることがありますが、マンネリによって快感そのものが減ることはありません。

 

もちろんマンネリ自体は問題なのでそれはそれで解決すべきですが、遅漏をマンネリのせいのせずに、正しい対策を打ちましょう。

 

そもそもマンネリと遅漏はどちらを先に感じましたか?

オナニーにマンネリはない

セックスがマンネリによってイケなくなったのであれば、なぜ毎回同じ方法のオナニーではイケるのでしょうか。

 

オナニーは毎回ネタが違うからマンネリ化しないと考えるかもしれませんが、男性の射精は精神的な興奮よりも、物質的な刺激の方に大きく影響されます。

 

逆に勃起は物質的な刺激以上に、精神的な興奮の影響を大きく受けます。マンネリは精神的なものですから、勃起に影響はありますが、射精に大きな影響はありません

 

もちろんマンネリによる勃起不全が発現していれば、射精にも影響はしてきます。

 

マンネリの影響を受けるのは女性

ただ一つマンネリが遅漏に間接的に影響を与えるとすれば、女性の快感の減退です。

 

男性とは違い、女性は快感を精神的な興奮から大きく得ることができます。つまりマンネリ化すると女性は快感自体が低減してくる可能性があるということです。

 

女性の快感の度合いで膣の締まり具合が変わりますから、女性がマンネリを感じると膣があまり閉まらなく、男性が物質的な刺激を受けづらくなるということは考えられます。

 

遅漏の原因はなんなのか?

それではパートナーは同じで前は問題なく射精できていたのに、最近遅漏気味になっている理由は何なのでしょうか。

 

オナニーの頻度や方法が変わっていないとすれば、おそらく精力の減退かと思われます。残念ながら男性の精力のピークというのは20代の前半で、それ以降は徐々に下がってくるのです。

 

そして精力を復活させるには精力剤が手っ取り早いですし、栄養の固まりなので健康にもいいのでお勧めです。精力剤と聞くと抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、以下の記事を一度ご覧いただければと思います。

 

遅漏にはマカ


私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位