遅漏を活かす

遅漏のメリットは長時間セックスができること

メリットにもデメリットにもなりますが長時間のセックスができるということが、遅漏の唯一のメリットではないでしょうか。

 

これは遅漏の方以外なかなかできることではありません。大体の女性は15〜20分くらいの挿入で「長いなぁ」と感じるようですが、1時間はくっついていたいと言う女性も中にはいます。

 

また2回戦はしたいという女性も、1回で満足させることができるかもしれません。そういう女性にとっては遅漏は喜ばしいことですね。

 

セックスが上達する

長時間セックスできるということは、それだけ上達も早くなります。パートナーの同意があるのが大前提ですが、挿入時間が長いので色々な体位を試せるのは事実です。

 

早漏気味だと1つ目の体位で果ててしまうことも多いようですが、遅漏の場合はお互いの体力が続く限り色々な体位を試せますね。

 

また遅漏の場合快感が薄いため、脳が冷静でいられます。なのでどう動くとパートナーが感じるか、どのペースで動くと一番いいのかなどを考えることができるので、相手を満足させる意味では上達できますね。

 

やはりデメリットの方が大きい

しかし残念ながら、デメリット方がはるかに大きいでしょう。1時間挿入していたいという女性は非常に稀ですし、まず自分はあまり快感を得られていません。

 

長時間挿入して女性を悦ばせるというのはほとんどの場合幻想なのです。そもそも膣の中でオーガズムに達することができる女性もあまり多くはありません。

 

遅漏を活かそうとするのではなく、遅漏は必ず改善できるものなので、改善に向けた努力を一緒にやっていきましょう。


私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位