包茎だと遅漏になりやすい?

遅漏と包茎の関係

包茎の具合によっては遅漏の原因となる

男性の悩みとして多いのが包茎ですが、実は日本人男性の6割は包茎と言われています。というのも包茎には3段階があり、その程度によっては手術を行った方がいいもの存在します。

 

また症状によっては遅漏を誘発させることもあるため、必要があれば対策を講じましょう。

 

真性包茎

勃起時、平常時ともに皮が剥けず、亀頭が露出できない状態を言います。また皮を剥けたとしても強い痛みを伴う場合も真性包茎に属します。包茎としては一番重い症状で、亀頭を露出できないため汚れがたまりやすく、感染症のリスクが高まります。

 

またセックスによる挿入は亀頭で感じるため、亀頭を露出できていないと感覚が鈍り、遅漏の原因にもなります。ひどい場合には挿入時に皮が引っ張られて痛みを伴うため、挿入がままならないケースもあります。

 

カントン包茎

こちらは平常時には皮が剥けるものの、勃起時に皮が剥けない、または皮を剥いたまま勃起させると痛みを伴う症状を言います。平常時に皮を剥けるため清潔に保つことはできますが、勃起時に亀頭を露出できていないため、感じにくくなり、遅漏の原因となる可能性があります。

 

仮性包茎

包茎では一番軽いもので、平常時何もしなければ皮を被っているが、勃起すれば自然と皮が剥け亀頭が露出できる症状です。挿入時に亀頭が露出しているため快感を得られることができ、包茎ではあるものの特に問題はありません。ちなみに日本人男性の6割がこの仮性包茎と言われています。

 

仮性包茎に関しては早漏気味と遅漏気味どちらにもなる可能性があります。まず早漏に関しては、普段亀頭を露出していないため、露出した際に刺激があると敏感になり早漏気味になるというものです。

 

実際包茎の人とそうでない人の亀頭を比べると、包茎の方はピンク色で、そうでない人は竿の皮と似たような色になります。これは常に亀頭を露出して下着等にこすれているため、他の皮膚と同じように厚く強くなっているのです、

 

遅漏気味になる場合は、亀頭が敏感すぎてしまうケースです。普段亀頭を露出させていないため、表皮が非常に柔らかく何か刺激があると快感よりも痛みに近い感覚になってしまうのです。そうなれば挿入で快感を得られづらくなり、遅漏の一因になる可能性があります。

 

遅漏改善のために包茎を治すべきか

真性包茎やカントン包茎の方は遅漏を大きく改善できる可能性もあり、衛星面の向上や自分の自信にも繋がるので、包茎の治療を検討してみる価値は大いにあるかと思います。

 

しかし仮性包茎の方に関しては、治療をしたからと言って大きく変わる可能性は低いと言って問題ないでしょう。少なくとも遅漏の改善という目的のためだけに治療をするのは早計です。

 

他の改善策を講じたうえで効果がなければ、仮性包茎の治療も視野に入れてもいいかもしれません。

 

ただ基本的には包茎が遅漏の主たる原因になることはありません。正しい原因に関しては以下をご覧いただければと思います。

 

精力の減退が遅漏をもたらす

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位