膣内で射精できない男性が増えている

セックスでイケない男性へアドバイス!


実は近年セックスでイケないと悩む男性が増えています。私もその一人で過去に「遅漏」とか「膣内射精障害」などでいろいろ改善策を検索していました。

 

当時は「今回もイケなかったらどうしよう」「相手に申し訳ない」「とりあえずイッたフリしとこう」の繰り返し。

 

焦れば焦るほどイケなくなるし、だんだんとセックス自体が億劫になってきてしまう程に過去の私はこじらせてしまいました。

 

ですが今では遅漏は完全に改善されて2回連続でイクことも可能になったので、今回はその方法を紹介させていただきます。

 

絶対に改善するべき

と、その方法を紹介する前に知っておいていただきたいことが一つあります。

 

当サイトはセックスでイケない男性向きのサイトですが、このページ含め当サイトの訪問者の3割は実は女性です。

 

これが何を意味するかと言うと、女性もまた「なぜ夫(彼)は私でイッてくれないの?」「私に魅力がない?」「私にできることは?」と悩んでいるということ

 

男性にプレッシャーをかけるわけではありませんが、自分のためだけでなくことパートナーのためにも絶対に改善に取り組むべきということです。

 

オナニーを改善する


さてセックスでイケるようになるにはまず第一にオナニーの方法と頻度を見直しましょう。なるべくオナニーをセックスと近い状況にします。

 

床オナは禁止。足ピンも禁止。また竿を握る強さもできるだけ弱く、握る部分亀頭に近くします。

 

というのもセックスでは主に亀頭への刺激であり、また膣が締め付ける力は握力より大きく劣るため弱い力かつ亀頭への刺激でイケるようになるべき。

 

またオナニーの頻度を減らしセックス前の3日間はオナニー禁止。オナニーをすると陰茎の感覚が鈍くなるほか、セックス時に精子が溜まっている方がイキやすくなるためです。

 

と、、、ここまでは結構どのサイトでも言われていることで、私自身実践してこれだけではあまり効果を感じなかった方法でもあります。。。

 

むしろ今の私はほぼ毎日オナニーしてますが、遅漏は完璧に改善されています。

 

もちろんオナニーのを改善することも重要なのですが、それだけでは改善されない方も多いと思うので以下の対策を合わせて実践して欲しいです。

 

本当に重要なのは精力

私の場合は「オナニーの改善」に加え「精力アップ」にも取り組むことで遅漏を改善することができました。

 

いくら調べても意外と「精力」に言及しているサイトは見つからないのですが、ここが本当に重要なポイント。

 

例えば精子は溜まっていればいるほどイキやすくなりますし、勃起は堅ければ堅いほど、性欲は高まっている時ほどイキやすくなります

 

これらのことはセックスに限らずオナニーでも同じことが言えますし、そもそも実体験として知っている男性がほとんどでしょう

 

この三つの精子力、勃起力、性欲こそが「精力」の正体。考えてみれば当然の如く重要な要素なのになぜか言及されていないのです。

 

精子量も少なく、勃起も中途半端、性欲も控えめの男性がイケないのは当然でしょう。

 

オナニーの改善が皮膚感覚などの「外部要因」だとすれば、精力の向上は「内部要因」。どちらか一つではなくどちらも重要なんです。

 

おすすめの精力アップ法


精力アップするには精力に関する栄養素をしっかりとることに加え、しっかりと体を動かしてテステストロンという男性ホルモンを増やすことが大切となります。

 

例えば男性は9〜13歳の間に初めての勃起や、精通、そして声変わりなどを体験しますが、これらは全てテステストロンの働きによるもの。つまり男性が男性らしくあるためにテステストロンは必須ということがわかりますね。

 

運動を習慣にする

すごく簡単に言うとテステストロンは筋肉を使うと増えることが医学的にわかっています。

 

というのもテステストロンは筋肉を大きくするのに必要で、筋肉が大きくなる時に分泌量が増えるのです。男性が女性よりも筋肉質なのもテステストロンの効果だったりします。

 

なので精力アップするならジョギング等の持久系よりは、筋トレなどの筋力系の運動がよりおすすめ

 

別に何かスポーツを始める必要はなく、自宅での筋トレでも十分なのでぜひ筋トレを習慣にして男性ホルモンを増やしましょう。

 

ムキムキの男性を見ると「男性ホルモンすごそう」とか「精力強そう」と思うのは、イメージではなく事実だったんですね。

 

やや話がそれますが、AV男優さんにムキムキな人が多いのもテステストロン高く保つためたったりします。

 

大切な3つの栄養素

ただいくら筋トレしてもテステストロンの原料となる栄養素を摂っていなければ無意味です。またテステストロンだけが精力に関係しているわけではありません。

 

運動に加えて3つの栄養素を意図的にしっかり摂取することもまた大切です。

 

亜鉛

精力アップの栄養素として一番有名なのが「亜鉛」。亜鉛はミネラルの一種で精子の原料になるほか、テステストロンの原料にもなる非常に重要な栄養素

 

亜鉛を意識的にとると射精量が変わるのがわかります。射精時の5回目のドクンでもまだ出るという感じ。

 

亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれ、精力アップでマカが知られているのはマカが亜鉛を豊富に含んでいるからです。

 

アルギニンとシトルリン

アルギニンとシトルリンはどちらもアミノ酸の一種。こちらもテステストロンの元になるほか、陰茎の血管を広げて勃起をより固くする効果も期待できる栄養素。また精液の原料にもなる万能栄養素。

 

アルギニンとシトルリンを摂ると、今までの勃起が100%ではなかったことに気づかされると思います。心臓の鼓動に合わせて陰茎がピクッピクッと動き、イク寸前に力んだ時の固さがずっと続くような感じ。

 

アルギニンは主に肉類に、シトルリンはスイカなどに多く含まれます。

 

さてこれらの栄養素は毎日の食事から摂れたらいいのですが、実際はかなり難しいというのが本音。そこで私が目を付けたのが精力系のサプリでした。

 

精力サプリ


この手のサプリはなんとなく避けられがちで、実際怪しいものもありますがちゃんと選べば本当に効果的です。

 

私自身セックスでイケるようになった大きな要因は、サプリ選びに成功したことだと思っているくらいです。

 

といっても結構当たりを見つけるのに時間はかかりました。上の画像は私が実際に試した精力サプリです。

 

そんな中最終的に一番効果があったのはマカエンペラーという精力サプリ。

 

成分的にはかなり気になってはいたものの、これらのサプリの中で一番ページが怪しかったので避けていたものでした。

 

 

特徴は精力アップに必要な「亜鉛」「アルギニン」「シトルリン」が全て入っており、「すっぽん」や「馬の睾丸」「謎のハーブ」などの非科学的な無駄な成分が入っていないこと

 

食材だけではなく成分名がちゃんとわかることが重要で、その点マカエンペラーはしっかり食材に含まれる成分名が明記されています。

 

>>マカエンペラー公式

 

効果が出るまでの道のり

私の場合は「オナニーの改善」「筋トレ」「精力サプリ」の3つに取り組み始めてから約3週間でイケるようになりました。

 

一度克服してしまうと膣内でイクという感覚を掴めたのかその後は問題なくイケますし、2回連続でイクことができるようにもなりました。

 

その後はオナニーも普通にしていますが特に何も問題なく、むしろ以前よりかなり元気になったのでセックスの回数自体もかなり増えました。

 

また筋トレは普通に習慣となったため続けているものの、精力サプリは特に気合を入れたい日以外は飲むこともありません。

 

つまりセックスでイケないということからほぼ解放されました。さすがに3回目となると精力サプリなしではイケないこともありますが、十分満足です。

 

今から始めよう


というわけで、これらのことは是非今から始めましょう!ご自身も苦しんでいると思いますが、パートナーもまた苦しんでいるかもしれません。

 

まずオナニーは今から頻度を減らし、するときは竿の少し上の方を持ち強く握り過ぎないように注意。床オナ、足ピンは禁止です。別に難しいことではありませんね。

 

もしこのやり方でイケないなら、さらにオナニーの頻度を減らします。またこれまでのオナニーで足ピンしつつ、強く握っていた場合は、足ピンだけをまずやめてみましょう。後はこのやり方でイケるようになるまで続けます。

 

そして筋トレも今日から開始しましょう。腕立ての日、腹筋の日、スクワットの日と分け、筋トレの翌日に筋肉痛が少し来る程度までやります。スクワットは一番きついですが、一番大きな筋肉なので必須です。

 

負荷としては10回連続でできるかが目安。20回も連続でできるようでは負荷が弱いので、リュックに重りを詰めて背負うなどして負荷を上げるのがポイントです。また動作をゆっくりにすると負荷が上がるのでおすすめ。

 

最後に精力サプリですが上の2つ比べてお金はかかるし、なんとなく気が引けるし、敬遠されがちなのでもう少し解説します。

 

敬遠されがちな精力サプリ

「高い」「怪しい」「恥ずかしい」という気持ちはよくわかります。ただ値段に関してはちゃんと作られている精力サプリの中では安いほうで、ハーブなどの余計な成分が入っていないので明らかにコスパはいいです。

 

上述したように1度スムーズにイケる感覚を身に付ければサプリいらずでイケるようになるので、ちゃんと取り組むなら1,2か月分あれば十分です。ずっと飲み続ける必要はありません

 

「怪しい」に関しては効果は私自身の体験が証明していると言う他ないですが、少なくともマカエンペラーを作っている日本サプリメントフーズはしっかりとした企業。

 

成分オタクの私は購入前にメールでマカエンペラーの成分について問い合わせたことがありますが、めちゃくちゃ長文でしっかりとした内容の返信があり、すごく真面目に取り組んでいるんだなという感想です。

 

また他の企業のサプリだとしつこい営業の電話がかかってくることもありましたが、日本サプリメントフーズに関しては一度もありませんでした。

 

「恥ずかしい」に関してはセックスでイケない方が恥ずべき。ビタミンが不足してるからビタミン剤を飲むように、精力が不足してるから精力剤を飲むというだけ。

 

梱包は何が入っているかわからない状態で来るので、宅配の人にバレたり、受取人にバレることはないのでそこは大丈夫です。

 

ちなみにマカエンペラーのページを見てみると「エディタルEX」と合わせて買うとお得とありますが、エディタルEXは不要。エディタルEXは精力よりも滋養強壮の成分が多くコスパが悪いです。

 

>>マカエンペラー公式

 

まとめ


長くなってしまいましたがセックスでイケないと悩んでいるなら、今から「オナニーの改善」「筋トレ」「精力サプリ」で改善に取り組みましょう

 

どれか一つではあまり意味がないので、3つとも本気でやるということが大切。少なくとも私の場合は3週間程で改善でき、その後は意識せずともイケるようになっているので短期集中的に取り組めるかどうかが勝負です。

 

克服してしまえば結構世界が変わります。セックス前の「焦り・緊張・不安」やセックス後の「気まずさ・申し訳なさ」などは全くなくなり、何しろセックスでの射精はほかには得難い快感だということを再認識できます。

 

頭の悪い表現ですが「セックス気持ちいいー!!」という感覚を取り戻せます。むしろ本来はこうあるべきなんです。

 

そうなるためにも今から改善に取り組みましょう。「オナニーの改善」「筋トレ」「精力サプリ」は別に難しいことではありません。

 

>>効果のあった精力サプリ

私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位