遅漏の改善と克服

遅漏は早漏よりも深刻

「セックスはできるんだけど中でイケない」または「膣内でイクのに時間がかかる」というのは、男性だけでなく、女性にとっても身体的・精神的なダメージが非常に大きいのです。

 

遅漏が原因で妊娠が困難になっているケースもあり、Yahoo!知恵袋などで「遅漏」と検索すると、男性よりも女性の投稿の方が多いことに気付きます。

 

内容は「夫が中でイケないのは私のせいでしょうか?」「長時間の挿入があまりに痛いため、セックスを断りたいのですが」等、女性もパートナーの遅漏に大いに悩んでいるのです。

遅漏の主な原因

遅漏の主な原因は以下の二つに集約されます。

  • オナニーの方法
  • 精力の減退

逆に言うとこの二つさえ改善できれば、遅漏の改善は可能ということも言えます。他のサイトではオナニーに主眼が置かれており、精力についてはほとんど言及されていません

 

このサイトでは実体験を基に、オナニーと精力の2つのポイントに注目して本気で遅漏の改善・克服に取り組んでいます。

遅漏の改善と克服のためにするべき3つのこと

主な原因は2つですが、そこに一つテクニカルな要素を含めて合計3つのことを実践すれば、遅漏で悩む大半の方は克服できると考えています。

 

ここで大切なのは「継続」です。遅漏も体質や習慣などの長期的な原因が基になっているため、遅漏の改善にも多少の時間を要しますがあきらめてはいけません。

 

私は幸いその方法を発見してから数週間で改善に至りましたが、人によっては数か月かかかる可能性もあります。

オナニーの方法と回数の改善

まず「オナニーのし過ぎ」もしくは「オナニーでセックスとは違う快感を得てしまっている」ことが、遅漏の大きな原因になります。

 

遅漏の主な原因はオナニーで詳しく書いていますが、特に射精時に足を伸ばす「足ピン」と呼ばれる方法や、手で竿を握る手コキなどはセックスとは違う快感の得かたに慣れてしまうことになり、遅漏を加速させてしまうのです。

 

なのでオナニーの頻度を減らすかするときは必ず「オナホール」と使って行うようにしましょう。手でしごくよりも締め付ける力が弱く、また快感をセックスと同じ亀頭の摩擦で感じることができるからです。

 

オナホールを使ったことのない方は抵抗があるかもしれませんが、遅漏の克服には非常に効果的です。

 

遅漏改善のためのオナニー法

精力アップが改善の秘訣

オナニーの他に、疲労やストレス、年齢などによる精力の減退も遅漏の大きな要因となります。精子が溜まっていると快感が増すのはご存知かと思いますが、精力が減退するとあまり溜まらなくなってしまうんですね。

 

また精力が減退すると性欲自体が弱くなり、射精に至る前に興奮が収まってしまうのです。そうなれば快感を得られなくなるのは当然で、これに当てはまる人は非常に多いのです。

 

オナニーを減らしたり変えたりしても遅漏が改善できないのは、精力が弱くなってしまっているからです。ここに気付いてない方が多くいらっしゃいます

 

精子も溜まっておらず、勃起力も弱く、性欲も足りないという状態では射精が難しいのは当然と言えます。

 

個人的には精力をつけるにはマカエンペラーが一番効果がありました。今では大抵15分以内にイクことができるようになりました。

 

ただ1点気をつけていただきたいのは、この手のサプリはたくさんありますが、怪しいものも多いということです。海外から輸入されてきているものなどは販売元がはっきりしなかったり、また日本のメーカーなどでも成分はさほど変わらないのに数万円するものもあります。

 

なのでまずは信用がおけるかを第一に、あとはお財布と相談しながら決めましょう。

 

遅漏に効果のあるサプリ

 

射精しやすい体位

最後はかなりテクニカルな話で、上記2つを実践したうえで試していただきたいのですが、遅漏でも射精しやすい体位がいくつかあります。

 

というのも足ピンオナニーが遅漏の原因になると書きましたが、足ピンできる体位というのがそのまま射精しやすい体位ということになります。

 

おすすめは「筏崩し(いかだくずし)」という、お互いに足を伸ばした正常位です。ただ膝で体重を支えられなくなるので、結構腕に負担がかかるのがネックです。

 

もう一つは「本茶臼(ほんちゃうす)」という、男性が足を伸ばした一般的な騎乗位です。男性が主導で動いた方が射精しやすいですが、気持ち位挿入角度のコントロールが少し難しいかもしれません。

 

ただ理想は体位にかかわらず射精できるようになることですので、大切なのはオナニーと精力を改善することになります。

遅漏でもイキやすい体位

 

まとめ

冒頭でも書いた通り、遅漏はパートナーのためにも絶対に改善・克服するべきです。そして継続すれば必ず治すことができます

 

そもそも遅漏は最近になって出てきた問題で、以前はあまり注目されていませんでした。ではなぜ最近になって増えてきたかというと、現代社会特有の「ストレスによる疲労」と「性動画の反乱によるオナニーの発達」であると言われています。

 

なので先天的に遅漏という方はそもそもいません。努力をすれば必ず遅漏は改善できるので、一緒に遅漏を戦っていきましょう。


私が遅漏を改善した方法

遅漏を改善するのにオナニーの我慢が大切であることは、知っていましたが私はそれだけでは改善できませんでした。遅漏を克服するために重要なのは「精力アップ」と「オナニーの我慢」の2つです。

克服した今ではセックスが本当に楽しいですし、パートナーとの関係もより良くなったように思います。大抵15分以内にイクことができますし、元気があれば2回戦でも射精できるようになりました。

遅漏は先天性のものではありません。努力すれば必ず克服することができますので、私が遅漏を克服した方法が参考になれば幸いです。

私が遅漏を改善した方法とは



 
私が遅漏を克服した方法 遅漏改善のためのオナニー 遅漏に効果のあるサプリ 遅漏でもイキやすい体位